「思いやりマスク」作りました!

 国より布製の純白マスクが利用者の皆さんに一人1枚ずつ届けられました。しかし、毎日使用することを考えますと、これだけではいかにも心もとなく思われます。そこで、おおはらのボランティアの皆様と職員で、「おおはら」特製の「思いやりマスク」をお作りいたしました。いずれも「おおはら」で保管していた様々な布の中から、マスクに適した生地を選んで、一つ一つ心を込めて手縫いしました。お一人お一人に似合う物を選んでお渡ししました。無料です。

 あくまでも「おおはら」の利用者様のためにお作りした物ですので、注文は承りません。

  

 

ナイスショット!

新型コロナウィールスの影響で、おおはらの活動プログラムも大幅に変更しています。外部のボランティア講師の皆さんのおおはらへの出入りがしばらくの間なくなります。今日は「南米音楽」の鑑賞会ですが、延期となりました。代わりにおおはら独自のプログラムで「生き生き運動」(ボッチャ、輪投げ、フライングディスク、ゴルフ、etc)を行いました。

けいいちさんが、ショットの後の球筋を追っています。「生き生き運動」の4種目目はグランドゴルフ大会です。皆さん、高得点を目指し、はりきって取り組んでいます。

ボッチャの2投目です。ボールを置く位置をアドバイスしてもらっています。

社教センターにチューリップのプレゼント

「スズランスイセン」がおおはらの玄関前に咲き始めました。スズランに似た可憐な花です。
ハナニラの花弁に隠れるようにして、ムスカリが鮮やかな紫色の花をつけはじめました。
カラスノエンドウの葉の間から顔をのぞかせるヒメオドリコソウ。
プランターのチューリップがつぼみをつけました。いつもお世話になっている社教センターさんにプレゼントしてきました。

3月の窯出し おおはら窯

おおはら陶芸教室。今年度最後の作品の窯出しをしました。陶芸の田京先生の手ほどきを受けて様々な作品を完成させることができました。毎回、植木鉢と好きなものを一つずつ作っています。手びねりの一点物です。

おおはら 花だより

玄関前で春の花々が咲き始めました。

ハナニラの白い花弁には、薄紫色のやわらかなグラデーションが入っています。小さな花ですが、凛としてすっと立つ姿が美しいです。水仙の黄色が鮮やかです。

プランターの中ではチューリップたちが出番を待っています。つぼみをつけたら、社教センターやシルバー人材センターなどにお届けします。訪れる方々の目を楽しませてくれることと思います。

ひな祭りの絵を作りました

3月3日、おおはら絵画教室では、ひな人形の絵を作りました。
細かく裁断した端切れを、各自が思い思いに色紙に貼付けて完成させました。
会心のできばえです。破顔一笑。

写真撮影のシャッターを押す瞬間だけ、マスクを外しました。あごにかけたり、手に持ったりして撮影しました。絶対に外さない方もいらっしゃいます。

新型コロナウィールス対策やインフルエンザ対策を進めつつ、おおはらでの活動をしています。施設内消毒、手洗い後のアルコール消毒、送迎時や施設内でのマスクの着用、通所時の家庭内検温、来所時の検温と看護師による健康観察・指導、個人連絡ノートによる保護者・グループホームとおおはら職員間での情報交換、電話による健康上の情報交換、etc。おおはらでは、赤外線で体温を瞬時に測定する体温計を新規購入し、短時間で体温計測ができるようにしました。職員は細心の注意を払って、対応しています。ピリピリとした緊迫した空気を、季節の花々をめでることや、端切れを色紙に貼付ける没頭のひと時が、和らげてくれています。

観光土産用の菓子箱の需要が斬減しています。3月9日(月)から、午前中に行っていた箱の組み立て作業がなくなりました。活動プログラムの変更もやむを得ない状況になっています。

鬼は外!福は内!

午前中は、地域の事業所や様々な施設に大原のお便りを配りに出かけました。
戻ってきたら、手洗いうがいをしておおはらの作業室で豆まきを実施しました。
しゅうさん、すなおさん、いしいさんが鬼役に立候補してくれました。
それなので、皆さんは、そっと優しく豆をまきました。
それから、鬼も福の神も、みんな一緒になってテーブルの上のお菓子をいただきました。
取り合いにならないように、それぞれが、3個を選びました。

インフルエンザの罹患者は、0人になりました。
皆さん元気です。

笑顔の1月 アラカルト

1月7日  今年の 「おおはら紅白歌合戦」は紅組の勝ち!
紅白対抗でカラオケ大会を実施しました。
紅組ののり子さんが「踊るポンポコリン」を歌っています。白組の男性陣が踊りと鳴り物で応援しています。
結果は紅組の勝ち!
優勝カップを頂いて、笑顔がはじけます。
伊東市役所ロビーで「ここからマーケット」を開催しました。
刺しゅう入りタオル・ハンカチ、植木鉢、コーヒーカップなどをお買い求めいただきました。
ありがとうございました。
「ここからマーケット」で販売するために、陶芸品の本焼きを行いました。
窯だしする時の貫入音は、水琴窟のように軽やかで透き通った音色です。
陶器たちの初鳴きの声をお聞きください。

My羽子板できました!

大石先生のおおはら絵画教室。今日は羽子板作りです。板にお気に入りの布を貼りつけ、その上に思い思いの絵を描きました。そこに細かく裁断した端切れを貼りつけていきます。そして完成したのがこの写真です。

大石先生が、一点一点手にとって講評してくださいました。
「色が鮮やかできれいですねえ!」
「この作品はどなたが作ったのかしら?」
「はあい!」
ちょっと恥ずかしそうに、でもいっぱいの笑顔で、前川さんが恐るおそる手をあげました。

今日のお土産はMy羽子板。
皆さん、満足のできばえのようです。

♪フルート、トロンボーン、ピアノの旋律に心が弾みます♪♪


https://youtu.be/XGuYhYQ_ni0

 おおはらの今日の午後の活動です。「永井由比と仲間たち」の演奏会を楽しみました。トローンボーンのこうせいさん、ピアノのまゆきさん、そしてリーダーでフルートのゆいさんが、素敵な音楽を演奏してくださいました。

 オープニングの曲はなんと「北国の春」。演歌とお母ちゃんとコーラが大好きな石井さんの十八番です。石井さんは身を乗り出すようにして生演奏で歌い始めました。「おおっ!……しらかばー あおぞおら みいなあみいかあぜー ……」

 その後、三重奏でクラシックの素敵な曲を次々と演奏してくださいました。軽妙な語り口で、まるで漫才師のようなやり取りをしながらの楽器や曲の紹介。続いて、おおはらの皆さんのリクエストに応えて様々な曲を伴奏してくださいました。「パプリカ」「機動戦士ガンダム」・・・。ポップス、演歌、アニメ、童謡と幅広いジャンルの音楽を楽譜なしで演奏します。みなさんのほほは自然に緩み、心は弾みます。一緒に歌を口ずさむ方、朗々と歌い上げる方、手拍子をする方、こぼれるような笑顔を奏者に向ける方など、みんなで音楽を楽しみました。ホールには熱気と喜びと華やかさがあふれていました。

 エンディングの後の宮本さんの感想です。「僕は今、楽しいです。楽しくてたまんないです!」

ノロウイルス感染症予防教室

ひまわりの会年間予定の一つ、感染症勉強会をプラウ2階で行いました。

市役所健康推進課の浅田さん、小林さんによる講習と実演で、参加者は喫茶業務の職員、グループホームで食事を担当する職員、新入職員、各事業所ひまわり部員での勉強会になりました。

ノロウイルスを人間の大きさにすると、人間は本州サイズになるそうです。そんな小さなウイルスですから、手洗いうがいはもちろん、日ごろから規則正しい生活をすることも予防につながってきます。

吐物の処理の仕方を学び、手順を確認しながら嘔吐物を模したもので処理を実際にやってみました。

他にも消毒液を使いながら普段から気を付け、これからの季節感染予防に努めていきたいと思います。

池田20世紀美術館にて開催中

クープおおはらの利用者さんの作品展「楽しい仲間の美術展」が、一碧湖畔にある池田20世紀美術館にて開催されています。期間は、令和元年11月1日から11月29日までです。どうぞお立ち寄りください。

喫茶コーナーのある展示室に共同制作の2作品が展示されています。縦2メートル、横4メートルのキャンバスに、小さく刻んだ端切れを糊で貼りつけて制作ました。一つは、城ヶ崎海岸から望むつり橋と灯台、そして大室山。伊東市の代表的なジオパークの景色を作品にしました。もう一つは、クリスマスの夜を祝う絵画です。クリスマスの楽しかったできごとを思い出して、みんなで語り合いながら作りました。心がぽかぽかになりました。
利用者の皆さん一人一人の作品も展示されています。
題材は「自画像」「手」「秋の景色」「物語の絵」です。
美術館の外からでも鑑賞できます。
夕景の中に作品の一つ一つが浮かび上がります。

シャローム大学オープンキャンパスに行ってきました

伊東市にある観光会館別館でシャーローム大学オープンキャンパスが開催されました。
おおはらの皆さんで、この講義に参加しました。
音楽コミュニケーションの授業です。
音楽には伝える力があります。
音楽には人と人をつなげる力があります。
そんなことを、実際に体を動かして学びました。
両足首に鈴を取り付けました。
床を踏み鳴らす音と手拍子が、交互に会場に響きます。
「ドン、ドン、パッ、ドン、ドン、パッ、・・・・・・・・・」
皆さんで大きな輪を作り、リズムを合わせます。
心が一つになり、ホール全体に一体感が生まれました。
心地よいひと時を過ごしました。

ロイヤルエクスプレスを眺めながら

一度の外食の日です。伊東駅の線路沿いにある喫茶「オレンジ」に行ってきました。美しく磨き上げられた濃紺の列車「ロイヤルエクスプレス」が入ってきました。一人一人が注文した食べ物が席に運ばれてきました。ちょっと贅沢をしているような気持になります。パスタ、カレーライス、ラーメン、チャーハン、焼きそば、たこ焼き、ホットケーキ、コーヒーフロート、プリンなどなど。テーブルの上はおいしいものであふれています。

おいしい昼食をとって一休みしたら、卓球でひと汗流します。

楽しい一日でした。

うれしいな!おいしい!幸せ!

箱折りの注文もピークを過ぎ、9月に入ってからは、ゆったりとした気持ちで午前中の作業をしています。午前11時半を過ぎたころ「ひまわり会」の皆さんがいらっしゃいました。

「お弁当の差し入れでーす!」

箱折りの手を休め、顔を上げた「おおはら」の皆さんの笑顔は、まるで花が咲いたようでした。

美しい彩りの五目寿司。酸味が柔らかく、具材のおいしさが引き立っています。
ゆうとさんは、一口ほおばるたびに感動して独り言を言います。
「うれしいな!」「おいしい!」「幸せ!」「ううん、口の中がたいへんなことになっている!」・・・・
心のこもった手作りのお弁当をありがとうございました。
とってもおいしくいただきました。